--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/26/2008    こんな本読みました
31週4日

 
確か20代の時にも買って読んだことのある本なんですが、また読んでみたくなり、改めて文庫本を日本を出る前に買ったのがコレ。219
 
さくらももこさんの妊娠&出産を綴った一冊。
 
 

                    naomi pics 081


この出産に対してのももこさんの感想を読んだ時、20代の時でも大変共感した覚えがありました。
 
ハニーは、子供=自分達の分身、というより、この世に出たい、又は出る必要のある一魂、という捉え方をずっとしていました。
なので、自分(の腹)は、その魂がこの世に出るための一つのツール、という意識が強かったし、今でもそれを忘れないようにしたいと思っています。
 
その感覚と割と近い、と感じたのが、このももこさんの感想だったので、当時ちょっと嬉しかったりもしました。
 


そして、ブログをさまよっている時にどなたかが紹介していたのが、こちら。 
 

                                                     naomi pics 087
 
 
あぁ、この人達も人の親になってたんだ~!という新鮮な驚きもありましたが、読みやすさぶっちぎりでした。(笑)
 
出産までを扱ったものは多いと思うけど、出産前から1年後までをつづってくれていたので、今後の参考にもしよう、と思って購入。218
 
 
 
                                                      naomi pics 082

そして、これはハニーの意識改革が起こった一冊。360
 
 
妊娠→出産でゴール!みたいな意識から、実はその後の身体いたわりが、今後とっても大事になるんだ!と、わからされました。
 
特に今の時代、昔と違って生活も便利になっているし、医療技術も上がり、義理姉を見ていても感じますが、退院してきてすぐに動いてる。
多分、動けるもんなんだと思うし、目の前の赤子を放っておけない、とも思うのです。
 
が、そんな時こそ母体は休養を欲しているんじゃないか?と思うようになりました。
 
甘えられる環境にあるなら、とことん甘えるべきなんじゃないか?と。
 
 
自分の母親を見ても思うのですが、彼女は出産し、退院して翌日から仕事に復帰したような人。でも、その後の人生での身体のがたつきは、人よりひどかったと思うのです。
 
若さで何となく乗り切れちゃったことでもあるとは思うのですが、だからこそ、あえて休養を取る意識を持つことが大事じゃないかなぁ・・・と。
 
まあ、この休養って最初の3週間を指してるんですけどね。408
 
 

まあ、何となく3冊読んでみました、ってことで。422(笑)




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://honeyj2.blog123.fc2.com/tb.php/88-aed5d207
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。