--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10週2日
 
さっき、病院から帰って来ました。222

何か、初診察!っていうことで、かなり緊張しました。393  緊張のあまり、皆の話す英語がわからなかったょ。408

 

結果から言うと・・・

今日のは、診察じゃなくて、オリエンテーリングだな、ありゃ。(--;

妊婦の認定を受けた訳でも、子供の心拍を聞いた訳でもありませんでした。406

オシッコ検査と血液検査をして(結果は来週)、体重、身長、脈拍を測って、ドクターと高齢妊婦がする検査についての話し合い。

海外旅行の時にもらうような、時差早見表みたいな丸いもので、最終月経から換算して、今日が10週2日であること、出産予定日が7月2日であること、などは教えてくれたけど、その後のことは、また来週~!だってさ。405

 

というのも、このドクター。超売れっ子なのか、段取りが悪いのか、実は予約日も一日ずれてたんです。390

本来なら昨日、4日の予約だったんだけど、ドクターの都合で・・・と、急遽、今日に延び、朝10時45分の予約も「ドクターの都合で」40分くらい待たされたし。430

しかも、本来なら一回で済む検査その他を”ドクターが忙しいため”今週と来週の2回に分けて行うことに。。。394

何とも腑に落ちないような、肩すかしをくらったような変な感じぃー。403

 

まぁ、詳細を続き部屋においておきます。

興味のある人はのぞいて行ってくらはい。

 


今日はジョーに半休を取ってもらい、10時半チェックインの予定だったため、朝から二人で寝坊。

出発予定時刻を40分過ぎてから家を出る。

当然、チェックイン時間の10時半にはまだ病院に着いておらず。(汗)初めて行く病院なため、途中プチ迷子になりながらも、何とか10分遅れで到着。

ドクターもその前のアポに手間取り?45分くらい遅れて到着する旨を受付から聞く。

その間に、書類2種類に書き込み&署名。保険のこと、住所、勤め先、簡単な持病。家族の病気、エイズ感染者との性向の有無、性病の有無、などなど。

看護士さんなのか、助産婦さんなのかに呼ばれ、オシッコ検査。身長、体重、血圧を計りドクターの到着を診察室で待つ。

ドクター登場。

実は、このドクター。日本人、ということで、ハニーはこの方を選んでいたのだけど・・・

登場の仕方から、日本人、、、には違いないかもだけど、アメリカで生まれ育ってる日系2世か3世の模様。ちっ、英語かぁ~(笑)と思いつつ、ま、いっか、と、診察台の上で鯉になるハニー。

と言っても、ガラ~ンとした何もない診察室。これで内診やるとは思えませんが・・・ と思っていたら、案の定。ドクターが忙しいらしく、本来なら今日一日で終わることを、来週と今週の2回に分けてやる、とのこと。

そして、10週と2日だから、まだ心音とかは無理ね。とりあえず今度の検査のこと話し合いましょう、と。

途中わからない単語をジョーに聞いた時、「あ、日本語話せるんですか?」とドクター。

って、ハニー、日本人ですから~!(爆)

ハニーの本名が外国名でもあるため、ドクターわらかなかった様子。

その後、ドクターも日本語が少し話せる、ということで、日本語に切り替わっての過去の病気の経歴、今の体調など。

健康そうに見えても、年齢的には卵が老化してるので、と、よく聞く、ダウン症の検査と、何とかっていう、西洋人同士の子供だと起こりやすい、肺の機能が弱く、腸の働きが悪い病気?を調べる検査、どうしますか?って聞かれた。

ダウン症の検査は、妊娠15週の時に、お腹だかどっかから針をさして検査する方法をよく聞いてたけど、これだと0.5%の確立ではあるけれど、流産を引き起こす確立もある、とのこと。ただし、100%YesかNoがわかる。

これとは別に血液検査を15週までに2回行う方法もあって、これだと92%の確立でわかる、とのこと。

ダウン症のテストはしようと思ってたので、とりあえずこの血液検査で行くことにした。そして、万が一、高い確率で陽性?が出た場合、100%わかる方法に切り替える、と。

もう一つの検査は、これは片方がアジア人だと確立がすごく低くなるということで、とりあえず見送り。

その後、バタバタとドクターが走り周り、受付で来週の予約を取り、違う機関で行うエコーと血液検査の予約用紙を渡された。

あわただしく、「また来週~!」とドクターは走り去り、ハニーは再び診察室に戻って血液検査。

でも、この検査、何の検査だか知らない。(--; 多分、血液型とかそうゆうの、って言ってた気がするんだけど。(滝汗)

病院、というところに行ったのに、また違う場所へ足を運んで、日にちもずれての検査なんて、何のための病院の看板なんだか。。。

ちょっと肩すかしをくらったような、アメリカのシステムに翻弄されたような、変な病院でびゅ~になりやした。



追伸:

ドクターに、「妊娠するために、何か特別なことをしましたか?」 と聞かれたので、黄体クリームのことを伝えました。

すると、「あぁ、最近、それ流行ってるんですよね。ホルモン不足の人にはいいんですょ。べつに、悪いことではありません。10週くらいまで塗るといいんですょ。」

ハニーは、もうかれこれ10日くらい塗ってませんが、お医者さまから、民間療法を駄目だしされずにホッとしました。



 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://honeyj2.blog123.fc2.com/tb.php/17-f796f324
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。