--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

39週2日


穏やかな朝を迎えております。281



日常ジェットコースター 453 は、今までと変わらないのですが、急に気持ちがゆったりとしてきました。今まで何をしていても、心の中は全速力で走っていたような感覚をずっと持ってたので、この穏やかさはとっても心地良いです。343


さて、ダンボールを整理している時に以前ドクターからもらった、日本語で書かれた 『お産』 についての簡単なコピーを発見しました。428


お産本その他、情報は色々出回ってますが、このコピー、アメリカで開業していた産婦人科の先生の書き下ろしたモノのせいか、とっても的を得ていて、よく理解出来ます。21


どなたかの参考になるかもしれないので、一応書き出してみます。295


【妊娠後期の不快症状】


133 むくみ → 対策としては、一日にコップ7-8杯の水を飲む、塩分を少し控える、横になる、プールで泳いだり、ぬるいお風呂にゆっくりつかる。

* ハニーも生まれて初めて、象の足、というのを体験しましたが、いや、恐ろしいですね、この現象はっ。(^^;

133 眠れない → 色々な理由から眠りが浅くなるそうです。赤ちゃんにオッパイをあげる練習をしてると思って、昼寝をすればいいや、と軽く構えましょう、ですって。はい、そうします。(笑) 

*今のハニーがバッチリこれにあたってますね。(苦笑)ハニーは、ここ1週間くらい、8時間熟睡が出来なくなってきています。(><)

寝ていて背中全体がつる、というか、体勢を変えないと寝ていられない、といった感じだし、3時間置きくらいに目が覚め、目が覚めちゃうとなかなか眠れない、という悪循環に。(--;
寝ている時だけでなく、食事時など同じ体勢でいると背中がつれてきます。

133 足の付け根や恥骨が痛い → これもありますね。足の付け根がギュイーン!11 と、ものすごい勢いで痛くなります。一瞬ですが。

赤ちゃんの頭が神経や恥骨の結合部を圧迫して痛くなるそうです。対策としては、サポート型の妊婦用腹帯を使う。少し低目に腹帯を締め、骨盤を安定させる、ですって。

どうりで、腹帯を取った後に、この激痛がくるわけですね。408


133 妊婦水泳 → 水は音をよく伝えるので、胎児は回りの音がよく聞こえ、早くから音にさらされ、知能の発達がよくなるという報告もあるそうです。219

ハニーはもう遅いですが、これから妊娠後期を迎える方、是非お試しを☆


【難産を避けるために・・】

135 顔の向き

この赤ちゃんが生まれる時の顔の向きが、とっても大事なんだ!と、義理姉の経験とこのコピーの相乗効果で知りました。405


本来、赤ん坊は母親の背中側に顔を向けているそうなんですが、母親のお腹側に顔を向けている胎児もいるとか。


この向きだと、母親の背中に向けて赤ちゃんの頭が押し付けられるので、陣痛のたびに激しい腰痛が起こり、お産も長くかかるそうです。


*義理姉の初産時が、これに当てはまったようです。

義理姉は、最初、腰に激痛を感じ、それが規則的にやってきていたことから病院に連絡。お腹で感じるはずの陣痛を腰で感じていたわけです。
このため、お産は多分長引いたと思われます。知識のなかったハニーは、難産だ、と思ってました。


柔らかいソファにどっしり座り込んでいたり、長時間車を運転したりしていると、この現象(赤ん坊の顔が腹に向く)が起こりやすいそうです。


対策として、予定日の4-5週間前から、長時間のドライブを避ける、ソファ座りを止める、など。また、四つんばいで部屋の中を一周するのも効果的、とか。


135 リラックス

お産のコツは、いかにリラックスするか、だそうです。22

陣痛が始まっても家にいる間は、普段の家事を続けましょう。陣痛がひどくなってきたら、ぬるめのお風呂にゆっくりつかるのも手。(お風呂の中であぐらをかくといいそうです。体験記には、お風呂の中であぐらをかいたら激痛が走り、子宮口が一気に5センチから10センチに広がった、という記事もありました)

また、一番良くないのは、ベッドに横になって全く動かないこと、だそうです。


135 子宮の頚管

妊娠の始めから予定日近くなるまで、大切な胎児を子宮の中にとどめておくために、頚管はきつくしまっています。

普通は、頚管は4cmほどの長さがあり (この長さは、ハニーの場合、すでに1.5cmくらいに薄くなってきているそうです) 36週を過ぎたあたりから頚管は柔らかくなり、短くなってきます。

頚管の内側は、普段は粘膜でふさがれていますが、お産が近づくにつれ、その粘膜がはずされます。その粘膜は、2-3cmくらいのぬるっとした塊で、少し血液が混じっていることが多く、これを日本ではおしるしと呼びます。(なるほど~!424

この頚管を柔らかくする方法として、妊娠中はよく歩くこと、だそうです。219


胎児の頭に押されて頚管のマッサージになり、早目に頚管が柔らかくなる傾向が強いそうです。


あと、妊娠後期のセックスも効果があります。精液の中には、プロスタグランディンが大量に含まれており、それは単に頚管を柔らかくするだけでなく、子宮の収縮も刺激するそうです。432


ざっと自分が当てはまってるようなことのみ書き出してみました。

歩け、歩け、って感じですね。いかに歩くことが重要なのか、わかります。


最近、ほとんど歩いてなかったので、これからは心して歩くようにしよーっと。106

 






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://honeyj2.blog123.fc2.com/tb.php/117-d353db95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。